同神戦

RIVAL

同志社大×神戸大

伝統の一戦へ

同志社が関西1部の貫禄

9発圧勝 勝率を五分に戻す

 
第3回は意外な結末となった。第1回、第2回と勝ち星がなかった同志社は前半2分、津田#99のゴールを皮切りに次々とゴールを奪う。守ってもGK田中#24を中心とする強固なディフェンスで2失点に抑え、関西1部リーグで上位争いを演じる強さを見せつけた。同志社はこれで1勝1分1敗と勝率を五分に戻した。
 

初の観客100人超え

初の神戸開催となった今回、目標としていた100名の集客に成功した。この影にはホスト・神戸大フットサル部員の高い企画・運営能力が発揮された。F2リーグ「デウソン神戸×ボアルース長野」の前座試合として試合をセッティングし、関係機関と連携の上で滞りのない運営を展開。また、SNSを駆使したポスター画像の拡散、デウソン神戸の選手と対談企画を行うなど事前告知にも余念がなかった。
 

 
 
 

フットサル普及を自らの手で

同神戦とは

 
フットサル普及、新入部員の獲得、両チームの交流等を目的に始まった同志社大学と神戸大学の定期戦。両大学の部員が設営や審判、集客までの全てを主体的に行なっている。2016年初開催。
 

 DATA
  結果 開催日 会場 観客動員数
第1回 同志社大  3-5  神戸大 2016.04.16 八幡市民体育館(京都府) 10人
第2回 同志社大  2-2  神戸大 2017.04.22 島津アリーナ京都(京都府) 50人
第3回 同志社大  9-2  神戸大 2018.11.18 グリーンアリーナ神戸(兵庫県) 109人