4月

同志社大学の任意団体(サークル)として同志社フットサルクラブを創設
京都府社会人リーグ加盟(1部)

4月

監督を初招へい

10月

全日本フットサル選手権京都府大会で初の決勝ラウンド進出。決勝ラウンドでフュンフバインに敗れ準優勝。

8月

全日本大学フットサル大会初出場。決勝で流通経済大学サッカー部に敗れ準優勝。

4月

サテライトチームを組織し、京都府社会人リーグ3部へ参入。

7月

関西学生リーグ創設に伴い参入

4月

同志社大学準公認団体へ昇格
サテライトチームが京都府社会人リーグ2部へ昇格

11月

京都府社会人リーグ1部初優勝

2月

関西学生リーグ初優勝

3月

フットサル普及活動の一環として社会人向けクリニックの講師役をスタート

4月

同志社大学公認団体に昇格

8月

クラブ創設10周年記念式典を開催

4月

OB・OG会を組織

3月

「全国大学フットサルリーグチャンピオンシップ」(非公式戦)優勝

4月

チーム名を「同志社大学フットサルクラブTREBOL」に改称

4月

トップチームが関西社会人リーグ2部へ昇格

8月

全日本大学フットサル大会初優勝
京都府スポーツ賞優秀賞を受賞
京都市スポーツ大賞を受賞

3月

体育会昇格申請書を同志社大学体育会資格審査委員会へ提出

4月

トップチームが関西社会人リーグ1部へ昇格
神戸大学フットサル部との交流戦を初開催

10月

チーム内に渉外、クリニック、会計、リーグ運営、幹事、審判、広報の7部門を組織

12月

全日本フットサル選手権京都府大会初優勝

1月

全日本フットサル選手権関西大会初出場で全国大会出場権を獲得

3月

全日本フットサル選手権全国大会でFリーグのバサジィ大分と対戦

4月

広報部門に特化した役職「メディアスタッフ」が初めて加入

6月

全日本大学フットサル大会京都府大会10連覇を達成

11月

フットサル日本代表コーチングスタッフ巡回指導の対象チームに選出され、ブルーノ・ガルシア日本代表監督の指導を受ける

12月

全日本フットサル選手権京都府大会で初の連覇
デフフットサル日本代表招き交流会を開催


2月

ガン撲滅啓発イベントの一貫で湘南ベルマーレフットサルクラブとチャリティマッチを実施

4月

主将主務会議での採決を通過し、資格審査委員会による3年間の審議期間がスタート
OBチームを創設し、京都府社会人リーグ3部へ参入

7月

全日本大学フットサル大会関西大会、史上初の2連覇

3月

初開催の大学リーグチャンピオンシップ(日本フットサル連盟主催)に出場
規律の徹底を目的にチーム内にコンプライアンス部署を設置

4月

OBチームが京都府社会人リーグ2部へ昇格